記事一覧

第28回コミュニティ・ユニオン 全国交流集会inひろしま

第28回コミュニティ・ユニオン 全国交流集会inひろしま
70団体320人が参加し盛大に開催
 

 第28回コミュニティ・ユニオン全国交流集会が2016年10月1日(土)~2日(日)にかけて、広島平和公園に隣接した広島市文化交流会館にて開催され、全国各地から約320人が参加し大きな成功を治めました。集会を準備頂いたスクラムユニオン・ひろしまをはじめ、中四国ネットの皆さんの尽力により、楽しく力強い、多彩な交流が繰り広げられました。
 広島市は、市民球団広島カープの25年ぶりの優勝に沸いていました。アメリカのオバマ大統領が大統領としてはじめて広島を訪問し慰霊碑に献花し、日本被団協の代表委員の坪井氏と面談するなど記念する年となりました。こうした2016年に、ユニオン全国ネットが全国集会を「希望としてのユニオン・明日へ」をテーマに開催できたことはユニオン運動の未来を示唆しているように感じました。
 兵庫県パートユニオンネットからは21人で参加し、集会後一泊して西条、鞆の浦、倉敷などを訪ね兵庫交流会を行いました。武庫川ユニオンからは、6人で参加しました。
 交流集会ではまず、全国総会が開催されました。総会では次の基本方針を確認しました。
 Ⅰ 「労働基準法改悪法案=定額働かせ放題の過労死促進法」も「解雇の金銭解決制度」もいらない!安倍
   政権の「世界で一番企業が活動しやすい国」つくりを許さない!雇用・労働・健康と平和・憲法・民主
   主義を破壊する安倍政権を退陣させよう!
 Ⅱ 労働者保護法制の再構築、セイフティネット・労働基準づくりの社会的労働運動に取り組もう!雇用の
   原則は期限のない直接雇用であることを制度的にも社会的にも確立していこう!
  ① 「最賃全国どこでも今すぐ時給1000円に!生活できる賃金を!」運動を展開しよう。
  ② 「契約期間5年越え」対策の不更新条項契約や雇止めを許さず、労働契約法を活用し有期雇用
    労働者の雇用安定化と均等待遇、そして無期雇用化と組織化に取り組もう。
  ③ 「3年越え」を理由とする雇止めと、間接雇用促進・日雇い派遣の拡大を許さず、派遣労働者の雇用
    と権利を守る闘いに取り組もう。
 Ⅲ 労働組合の権利への侵害を許さない強固なネットワークをつくろう!
 Ⅳ 全国各地にもっともっとコミュニティ・ユニオンを広げ、ネットワークを拡大・強化して、相談活動、
   組織化を進めるとともに、社会的発信力を大きく強くしよう!
 Ⅴ 働く誰もが安心して人間らしく生活できる社会をめざして、さまざまな団体、個人とのネットワークを
   広げ、社会的連帯を作り上げよう!

 闘争報告として、姫路ユニオン金田組、ユニオンみえシャープピノイユニッティ(フィリピン人労働者分会)、きょうとユニオンiWAi分会から、それぞれ解雇撤回・職場復帰、勝利解決の報告があり、参加者に勇気を与えました。
 韓国の「ともに生きる希望連帯労組」の代表からは、ケーブルテレビ放送の非正規労働者の組織化、100名を超える解雇の撤回闘争の特別報告を受けました。同労組が、活動の柱に据える「生産と再生産空間を併せる」「労働と地域の出会い」の実践として生活文化連帯事業、社会公共性闘争の報告は翌日の分科会で受け、交流しました。
 記念講演は、広島電鉄・私鉄中国広電支部の佐古正明執行委員長から「労働組合、非正規社員の正社員化をどう成し遂げたか」でした。労働組合として非正規社員が広がることに対する危機意識から、組合内での議論を深め、会社との交渉を進めた経緯の話をされました。非正規社員を正規化するために、正社員には賃金の引き下げも提起し一方で定年延長などを含め、正社員組合にとっても合意できる条件を議論してきたことなど教訓的な提起でした。結果、事故件数は減少したこと、乗客からの苦情も減少するなどの成果が見られたことなど私たちにとって貴重な提起でした。

 二日目は12の分科会に分かれ交流を深めました。分科会のテーマだけ報告します。
  第1分科会「メンタルヘルス不調などを防ぐために 長時間労働をなくすための法的実践的取組」
  第2分科会「いじめ・パワハラ・過重労働による精神疾患 相談対応から団体交渉・補償へ」
  第3分科会「公務パート 公務職場における臨時・非常勤の現状と課題
  第4分科会「組織運営―みんなで知恵を持ち寄り、各地で生かそう」
  第5分科会「生活できる賃金を!公契約条例制定運動の現状と展望」
  第6分科会「活用しよう!労働委員会と労働審判」
  第7分科会「安心して働き続けたい!無期労働契約転換ルールを生かす」
  第8分科会「広島安野中国人強制連行の歴史と西松建設裁判」
  第9分科会「女性の労働 マタハラについて考える」
  第10分科会「自由討論の場 安倍とTPP」
  第11分科会「外国人労働者の組織化と闘い」
  第12分科会「韓国・希望連帯労組の闘いに学ぶ」               
に分かれて交流を深めました。

 総会は、次年度開催の福岡ユニオンからの呼びかけを受けて終了しました。
兵庫からの参加者は総会終了後、平和公園・原爆資料館の視察を行い、西条の酒蔵町の散策、夜は鞆の浦で一泊し、翌日鞆の浦の散策をへて倉敷美観地域を散策し帰途につきました。みなさんご苦労さまでした。

CIMG3834_convert_20161013234307.jpg
CIMG3860_convert_20161013234405.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント