記事一覧

安倍総理によるご都合主義の衆議院解散と民進党の融解、これでいいのか

9月28日に臨時国会が召集され、首相の所信表明演説もなく、何の議論のないまま、衆議院が解散した。思い返せば、先の通常国会は、共謀罪法の強行採決、自衛隊のPKO部隊の日報隠ぺい問題、森友・加計学園問題で明らかとなった政治の私物化など、自民・公明の多数議席を背景になんでもありの国会運営であった。高支持率を誇った安倍政権も急落し東京都議会議員選挙で小池知事率いる都民ファーストに惨敗した。その後、野党は憲法の規定に基づき臨時国会の開催を求めたが、ついに今日(9月28日)まで国会は開かれなかった。この間、内閣改造が行われたことや、北朝鮮の核実験やミサイル問題による国民の不安を背景に、安倍政権の支持率上昇がもたらされた。

安倍首相は、この解散を国難解散と命名した。「北朝鮮からの脅威である国難を乗り越えるため。消費税率引き上げによる税収の使い道を変更するため。」であると言った。また憲法9条の改正の信を問うともいう。明日にでも核ミサイルが日本に打ち込まれるかのような不安を煽りながら、国会を解散し政治の空白をつくる。税収の使い道の変更のために解散して国民の信を問う。嘘も休み休みにして欲しい。安倍政権は、秘密保護法や安保法制、共謀罪法を公約に入れていたのか。森友学園の国有地払下げや加計学園の獣医学部新設を公約に入れていたのか。ご都合主義の極みだ。解散の強行は、小池新党の準備不足、民進党の崩壊の兆し、野党共闘の準備不足と安倍政権の支持率の回復、今なら勝てると判断したのだろう。

 しかし安倍首相の読みは外れようとしている。小池都知事は「希望の党」を立ち上げ、民進党を飲み込もうとしている。おまけに民進党の合流ではなく、安全保障、憲法改正問題など意見の合意を前提とした吸収であり、護憲リベラルの排除としか見えない。

 連合結成時の労働組合の路線による選別を思い出す。また国鉄からJR会社に代わるときの国労排除を思い出す。民進党よ気概を示せ。社民党や自由党はどこにある。希望の党による民進党の選別吸収が実現しそうだ。

 希望の党はどこへ行くかは明らかだろう。見えないのは、自民党の補完勢力で終わるのか、それとも自民党を乗り越え、トランプのごとく政権を取ってしまうのか。

 安保法制反対闘争の中から生まれ、参議院選挙で前進するかにみえたリベラルの市民連合を、希望の党の誕生は消滅させる役割を果たすかもしれない。衆議院選挙はすぐ始まる。生まれようとしていたリベラルの市民連合の旗が必要だ。保守二大政党と宗教政党だけでは未来への希望は見えない。知恵を出し合おう。 (小西純一郎)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント